• home >
  • 両親について

--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.24 Mon 16:29

本当の意味の自立

こんにちは!
結婚してから、ずっと仲良し夫婦のyomeブログです。


一年半のブログ放置は、震災とは関係なく、自分との戦いでした。


どうしても、親を認められなくて、早く死んでくれたらいいのにと思ってしまう自分も許せなくて。

でも、ようやく「あんな人もいるんだ」と思えるようになってきました。


子供の(というか他人の)人格を尊重するということを父親は、80近くにもなって学んでいないようです。

自分の思い通りにならなければ怒る。

自分の考えた方向と違うことを言われても理解ができない。

どうも、自分を慕ってくれる「娘」が欲しかったようです。過去形ですけど。

お父さん、お父さんと言われ、孫からおじいちゃん、おじいちゃんと言われる老後を夢見ていた様ですが、そうはいきませんでした。

「自分の娘」ではなく「私」自身を見て欲しく、長く戦ってきたけども、絶対に目に入らないことをようやく私は認めることが出来たのかもしれない。

「私」は、こんなに独創的で、表現者であって、熱い魂なんだけども、彼がほしかった「自分の娘」は、大人しくハイハイと自分の言うことを聞き、嫁に行っても親を頼り、孫を連れては帰ってきて、老後は下の世話までしてくれる・・・そんな娘には、私も妹もなれませんでした。

妹とは、小さい頃から仲が悪くて今でも実家で親子三人で暮らしているけども、どうしているのか知りません。

妹は、小さい時から親の言うことを聞いた覚えが無く、好き放題、親もすぐに泣かれるから怒ることもできず、甘やかした挙句、自立することなく親元でいい歳を迎えようとしています。

あるとき、そんな父親が、妹が何か話してくれたと嬉しそうに話しているのを聞いて、バカバカしくもなりました。
私はずっとそうしてきてるよね、戦ってきたけど、それは耳に入らなかったのかと。

親がいなくなった後、妹がどうするのか知りませんが、いい大人なので自分で生きていくでしょう。


人は、誰かに認められたくて生きている事が多いと思います。

私は、ずっとそんな親でも認めて欲しくて、戦ってきましたが、自分の理想像ではない「娘」の言葉に耳を貸すことはありませんでした。

というか、そこに「私」はいないというか必要ないんですよね。

私は、私で、自分の人生をちゃんと生きてくるべきでした。

年をとったら親の面倒をみないといけないから「親に生かされてる」と思って自殺も出来ませんでした。

自殺したら、親が人生計画した自分の老後を誰がみるのかなと思うとね。

でも、私はもっとこんな感情を持っているのよ!と分かってほしくて、何度も体当たりしては、話し合いにもならず・・・。
分かった分かったと何の話も聞かずに逃げるとか、怒り出すとか。

救いだったのは、母親がそれを分かってくれていたことですが、早くに別れてくれていたら・・・

あんたらのために我慢してきたのよ・・・と言われても迷惑です、結果的に。

私も、母親を守ってあげないとと思い、愚痴を聞いてあげてた頃もありますが、
母親もそんな父親に感化されてか、今では人の話も聞けない頑固者になってしまいましたね。

世間体ばかり気にして、普通はこうだ、と自分の価値観を押し通そうとする両親。


一方、夫は、自分の行動について、他人の評価を求めない人です。

自分が納得出来るか出来ないか、で行動出来る人です。

世間がどうであるか全く関係がなくて、自分がどうかが判断の基準です。

そして、他人の価値観も否定しない人です。

あなたはそうなんだね、と言える人です。

そんな頑固な私の両親に、無茶苦茶な要望をされても、問題のないところは受け止めて、自分がしたくないことには、例えば「僕は子供は欲しいと思っていません」と言ってくれる人。

父親は、普通は子供が欲しいはずだという前提で、私が子供はいらないとワガママを言っていると決めつけて、夫に謝りまくっていたときに夫が言ってくれた一言です。

私に、なぜ子供が欲しくないのか聞きません。

勝手に理由を想像して納得しています。

私はあなたに孫を抱かせたくないから産みたくないと言える機会はなかった。

これ以上、あなたに人生のおもちゃを与えるつもりはない、と。


自分の人生を後半になってようやく生きることにしました。

前半に、こうして親もただの一人の人間で、私は私の人生をと思えていたら、子供を育てる時間があってもよかったのかもしれません。

妹にしろ、父親にしろ、あんな価値観の人も世の中にはいるんだと、もっと早くに納得できていたら。




そう思えるまで、10年以上かかったけども、本当に夫と出会えてよかった。

私は、親の評価より、むしろ世間の評価、そして自分自身の評価に従って生きていくべきだと気づくことが出来ました。

私は、何が好きで、どんな人生を送りたいのか、

あらためて、自分に問いかけて、自分がどうしたいのか考えた時に、夫の笑顔を見ていたいことに気づきました。

彼が仕事をしやすく、安らげる場所でありたいと。

夫は嬉しそうに、そうしてそうして〜と抱きしめてくれます。

いつも、笑顔で私を見てくれる夫に、心から感謝すると共に、
両親のことも、身内ということで出来る範囲の事はして、
自分が自分でいられない事までは関わらずにいけたらと思います。

まだ、お金を借りていたりね、経済的に自立できていないので、
そこが先なんだけども・・・。

元々お金で人を動かそうとする祖父母の家系だから、
父親も同じくお金でつなぎとめておけると思っているようなので、
金の切れ目が縁の切れ目とできるように、しっかり稼いで、お金で解決できれば一番いいのだけども。

そんな父親の価値観にも「へ〜そうなんや、こんな娘で残念やったね」と言える日がくるかな、こないかな。


ともかくは、大切な夫と、これからもたくさんの話をして、たくさんの笑顔とともに、

ライフワークをちゃんと見つけて、自主性をもった自立、したいと思います。
スポンサーサイト

2009.05.08 Fri 22:19

両親について

こんにちは!
結婚してから、ずっと仲良し夫婦のyomeブログです。


結婚前、私は男性を見下げていたような気がします。
実際、自分より頼れる男の人に出会っていませんでした。
一番身近な男性である父親のことが、大嫌いでしたし、軽蔑していましたから。

母親を全く大切にしていないばかりか、家のこと全てにおいて頼っているくせに自分が稼いで来て養っていると大声を出しました。
言うこともまた自分の思い込みの発言ばかりで、人の意見を聞こうとせず、私を始め他人を全く信用していない感じでしたから。

浮気はしていない様ですが、結婚してから母親は幸せだった時はなかったのだろうと思います。
そんな両親を目の当たりにしていましたから、結婚にあまり夢はありませんでした。
母親は、私に手に職をつけて生活していける様にと早くから言っていましたね。
そんな母親は、祖父(母の父)がたくさん浮気をしてきたために、祖母(母の母)がずっと悲しんでいる姿を見て育ったそうです。
だから、自分は、容姿から浮気はできそうもない相手と結婚したそうですよ。
母親の容姿に似なかった私も妹も可愛そうすぎますよ、まったく。

母親の時代は、全てが我慢することしか仕方がなかったのですから、本当にかわいそうです。
本当に、思った事を何も口にすることなく、長女である私にだけ愚痴ってきたようです。
『言っても無駄』が口癖でもありましたが。
反面教師といいますか、おかげで、私は何でも話し合える相手と出会い、ずっと一緒にいたいと思える相手と結婚することが出来たのですから、やっぱり感謝なんでしょうね。

夫の尊敬出来る所は沢山あります。
それは、ともかく父親と似ていないところを挙げればいいぐらいです。

まず、夫は、声を荒げる事がありません。
逆切れなんてとんでもないです。
夫自身が逆切れする人を軽蔑していますし。
そして、人の話を最後まで聞いて、同情ではなく、客観的な意見や判断をしてくれます。
自分の考えや意見に、人の同意を求めることもしません。
これは、女性である立場から言うと『そうだよね~』と言って欲しいところでも、私の非もはっきり言ってくれるので、最初の頃は、なぜ相手の肩ばっかり持つのかと、愚痴ったつもりがケンカになりそうでした。
そんなケンカになりそうな場合も、私がギャーギャー言うばかりで、ひとつづつ夫がひも解いて説得して納得させてくれるので、ケンカになりません。
よって、私の両親の様に、何日間も口を聞かないとか絶対ありません。

母親の事は、義父母の介護のことも尊敬してやみませんが、ひとつだけ挙げるのであれば、私達子供の事より、もう少し自分を大切にして、ちゃんと自分の夫と向きあってくればよかったのにと思えてなりません。
そうすれば、昨日の記事に書いた様な私の葛藤も不要であったのにと・・・

父親も、女3人相手にしてもらえなくなると丸くもなりましたが、頑固さはさらに増した様で、まだまだ先が思いやられます。

プロフィール

yome A

Author:yome A
こんにちは!
アラフォー夫婦のよめブログです。
結婚して仕事も生活も、大好きな夫と24時間ずっと一緒。
毎日お互いに感謝を忘れずに楽しく暮らしています。
そんな幸せたっぷりの結婚生活を綴ってみたいと思います。

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。