--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.04 Mon 01:56

同棲と結婚

こんにちは!
結婚してから、ずっと仲良し夫婦のyomeブログです。


結婚する前から、私たちは、それぞれが雇われではなく独立して仕事をしていました。

そして、在宅で仕事をするようになった私の家へ、夫が転がり込んで来たのも自然な流れでした。
夫もフリーで仕事をしていましたが、常駐の形を取っていたので、時間的には自由な感じでしたが、毎日出勤して、朝から晩まで仕事仕事。
食事と寝る時には帰ってくる感じでした。
まあ比較的そのころから、結構ずっと一緒にいる感じでしたね。

そして、1年程で結婚することになったのですけど、それもあまりにも自然な流れでした。
今でこそ、30代で『婚活』は普通ですけど、私たちは何となく今更な感じだったので、式も挙げませんでした。
ただ、やっぱりプロポーズの思い出とか欲しいですけど、ないんですよね。
ってか、私がマンション買うんだったら籍も入れてよってプロポーズしたらしいです。
あれってプロポーズなの?
なんだかな~って感じです。

同棲時代も、結婚後も、生活はほとんど何も変わりませんでしたが、振り返ってみて、今になって全く生活の重みが違ってたなと思います。

子供は二人とも好きではないので、ずっと恋人同士なままなんですが、周囲はそうはいきませんよね。
同棲は、二人だけの生活の都合でしたけども、結婚は、家同士の結びつきでもあるのでしょう。

夫の方は、弟が早くに結婚して孫もいたためか、長男であるにもかかわらず、まったく干渉してくることもなく、『ほんとにこいつでいいのか』と、何度も私をいたわってくれる有り難いご両親。
私の方の両親も、最初は『こんな娘をもらってくれてありがとう』と恐縮しまくっていましたが、すぐに『孫はまだか』と長らく私たちを悩ませ続けてくれました。

私たちは子供は考えてないといくら話しても、私が勝手に言ってるものだと決めつけて夫に謝る始末。
二人の意思で、二人の生活を選んでいるということを分かってもらえたのは、40を超えてからかもしれませんね。

それほど、私たちは自由な恋人の延長線上のような結婚生活をしていましたから。

でも、二人の関係は、自由恋愛ではなくて、パートナーというか家族という関係に変わっていったのだと思います。
この気持ちは、きっと同棲を続けていても生まれなかった気持ちで、結婚したからこそ思う気持ちなのだと。

プロフィール

yome A

Author:yome A
こんにちは!
アラフォー夫婦のよめブログです。
結婚して仕事も生活も、大好きな夫と24時間ずっと一緒。
毎日お互いに感謝を忘れずに楽しく暮らしています。
そんな幸せたっぷりの結婚生活を綴ってみたいと思います。

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。