--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.28 Thu 23:55

桜ノ宮の桜

こんにちは!
結婚してから、ずっと仲良し夫婦のyomeブログです。


関西の駅名は、いろいろといわくがある駅名が多いというのは、なんとなく感じてましたが、今日のビーバップという関西ローカルの番組で、そんな特集をしていいました。
本も出てるそうです。
面白かったですよ。

そんな駅名の話だけではなく、駅の歴史のような話も。

JR『桜ノ宮』 駅・・・今年も花見に行ってきた所です。
私たち夫婦は結婚してから、結構いろんなところに花見に行っていますが、やはり桜ノ宮は3本の指に入ると思っています。

そんな桜ノ宮駅は昭和50年ごろまでホームで花見ができたそうです。
そのときには、環状線で屋根のない駅は桜ノ宮だけだったとか。
ホームを覆って桜の木がたくさんあったために屋根がなかったのですが、屋根を取り付ける為に国鉄側から桜の木を切る様に言われた駅長さんは、伐採を反対する地域住民との板挟みで大変な思いをされたとか。

桜の木って、やっぱり何かしらの魂がやどっているような気になりますよね。
桜吹雪を見ていると、幻想的な気持ちになりますもの。

さぞかし心苦しい思いで伐採したのでしょう。
今は普通に屋根のあるホームですから。

でも、駅長さんは1本だけなんとか屋根に影響しないところに移設されたそうです。
今では、すぐ横の大川の河川敷が、長い桜の散歩道に整備されていて、それはそれはきれいなので、駅でまで花見をする必要はないかもしれませんが、地域住民にとっては、大切な桜だったでしょうね。
1本だけでも、残してもらえて嬉しかったことでしょう。

結婚した当時、夫もフリーで仕事をしていましたが、常勤としてある会社に出勤していましたから、私はひとりで昼間の花見を楽しんでいました。
桜ノ宮もよく行きましたが、公園整備の為に、よく桜は植え替えられています。
また結構な大きさの木でも伐採されたりします。
病気にでもなったのでしょうか。
でも、その切り株の上も、今はもう横の木の枝がはり出して心地いい木陰を作ってくれています。

今は夫婦で毎日の様に気持ちのいい散歩道を健康の為に歩いています。

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback


プロフィール

yome A

Author:yome A
こんにちは!
アラフォー夫婦のよめブログです。
結婚して仕事も生活も、大好きな夫と24時間ずっと一緒。
毎日お互いに感謝を忘れずに楽しく暮らしています。
そんな幸せたっぷりの結婚生活を綴ってみたいと思います。

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。