--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.01 Sat 01:01

今日は結婚記念日

こんにちは!
結婚してから、ずっと仲良し夫婦のyomeブログです。


最初にも書きましたが、私達の結婚記念日は元旦
忘れない様にというか、特にお祝いしなくてもお祝いだらけの日です。

結婚記念日は夫婦でディナーという友人知人もいますが、私達もここ数年実家への挨拶は2日以降になっているので、元旦はふたりでゆっくりする日になっています。
私達の結婚記念日は、籍を入れた日なのですが、当日は両実家へ挨拶行って終えたんだったかなぁ。
翌年からは、カウントダウンをはさんで夜中から初詣に出かけています。

毎日、ふたりで笑いあっていられたことを感謝して、
昨年も健康で過ごせた事を感謝して、
今年もいい年であります様にと。

そして、世界中が平和になりますようにと・・・。

 

2009.12.06 Sun 23:05

今日のエチカは『お見合いの達人』

こんにちは!
結婚してから、ずっと仲良し夫婦のyomeブログです。


今日の『エチカの鏡』は、恋愛特集
前半の恋愛カウンセラーのお話も面白かったですけど、後半のお見合いの達人の話がすごくよかったですよ。

番組のテーマは「絶対に分かれない夫婦をつくるには」
そのご夫婦は、過去に310組ものご縁を取り持ってきて、離婚した夫婦がいないとか。

まさしく、この夫婦が本人と両親を見て、相性のいい相手を紹介する『お見合い』
半分が1回目のお見合いで結婚し、2回目以降もお見合いをしてみた約7割が結婚するなんて、今のブライダル業界こそこのお二人に学ぶべき事がたくさんあるんじゃないでしょうか。

何より、結婚後もゲリラ訪問していろいろアドバイスをするとか。
アフターフォローがすごいのかもしれないですね。
『今の若い人はあまり相談せずに別れを決めてしまいますから』と言っていたので、実際には別れ話になった時でも話し合いの手助けをしたりするのじゃないでしょうか。

『何でも話し合える夫婦は絆を作っていく』って・・・最後に話してらしたので。

そして、このご夫婦が相手を選ぶ基準は『相性』
でも多分一般の人が思う『相性』とは少し違って感じましたね。
『同じ様な性格の人だと絶対に喧嘩になるんですよ』って言ってましたから、似ている事は相性がいいとは言えないようです。

むしろ反対の性格の人を選んでいる様でした。
せっかちとおおらかみたいな。

お互いに無い物をもっている方が、お互いを尊重しあえるし、尊敬出来るのではと。

全く同感です。
いい相性とは補い合える関係の事だと思うんですよね。

そして、お見合い後仲人の二人が聞くのは『何かいいところはありましたか?』
悪い所は誰にでもいくつでも見つける事ができるけども、いいところを見つける様にしないとって。
もちろん、どうしても嫌なところがあったり、生理的に受け付けないとかもあるでしょう。
でも、いい所を探すと何だか嬉しくなるんですよね。
そこから二人でお互いの理想になっていけばいいと思うんですよ。
相手に理想をおしつけるんではなくて、二人で作り上げて行く理想の夫婦関係。

前半の恋愛カウンセラーの人も言っていましたが、話さないと分からないんですよ。
どう思っているのかとか、考えるより聞いてみないとね。
私たち夫婦も性格が全然違うし、価値観も違うので、相手がどう思っているのか想像してもなかなか難しい。
最初の頃なんて、絶対に自分では想像しきれない答えが返ってきましたから。
聞いて始めて、こうしてほしいんだとか、そう考えるんだったらこうしようとか思えますから。

そういえば、今朝の新聞に出ていた『結婚しなくてもいい・・7割』だそうで。
同年代の40代では、8割にも及ぶとか。
別に結婚しなくても、自分の好きに生きればいいという感じでしょうか。

お互いに支え合うことの幸せとか、分かってもらえている心強さとか、結婚って楽しいんだけどなぁ~
自分の夢が自分だけの夢じゃなくなっていくんですよ。
どこかのCMで聞いたような言葉ですけど・・・。

『子供は持つ必要ない・・4割』とも。
私たち夫婦もその中には入っているんですけどね。
理由は山ほどあれ、二人でいたいからって事もありますけどね。

2009.11.24 Tue 01:42

夫婦別姓について

こんにちは!
結婚してから、ずっと仲良し夫婦のyomeブログです。


私は結婚して、夫の戸籍に入りました。
名字も変わり、人生もすっかり変わりました。
結婚して本当によかったと思っています。

結婚当時、同棲でもいいかなと思っていたのですけど、頭の固い両親の手前、結婚した方が何もかもスムーズかなと思って籍を入れました。

2001年に結婚したのですけど、その当時も夫婦別姓について盛んに議論されていて、もうすぐ夫婦別姓の制度が導入されるだろうと思っていたのです。

私の旧姓は少し変わった名字で、自分で独立して仕事をしていたので、覚えてもらいやすかったし、印象にも残りやすかったと思います。
しかし夫の姓は、漢字が違えばありふれた名前です。
漢字が違うので、それはそれで間違えられやすいのですけども。
だから、夫婦別姓が制度化されれば、すぐに戻そうと思っていたので、長らく通帳やいろいろ変えていませんでした。

銀行も各社使い分けていたし、保険も入っていたし、車も持っていたし、後から後から変更届が必要なものが出てきて、そのたびに戸籍抄本を取りに行ったりして、本当に面倒で大変でした。
そのころは、本当に結婚って面倒だなぁなんて思っていました。
早く別姓制度認めてよ!って。

でも、夫と暮らす様になって、私の情緒不安定なところや精神的に弱いところなどが、幼い頃からのストレスやコンプレックスが原因であることが分かってきて、今となっては実家を出れてよかったと思う様になったのです。

名前を変えた事を機に、私の人生は、ようやく私のものになったんです。

それまでは親の為の子供の人生であったと・・・。

やはり、名前はその人自身の生き方のすごく影響を与えるものなんだなと思います。


私の場合は、結果的に夫の姓を名乗ってよかったと思えるのですが、ひとそれぞれの事情や考え方があると思うのです。
だから、結婚しても姓を選択できるというのは、特に女性にとって生き方の選択肢も広がると思います。

なので、早く制度化されるといいなと、私は思っています。

プロフィール

yome A

Author:yome A
こんにちは!
アラフォー夫婦のよめブログです。
結婚して仕事も生活も、大好きな夫と24時間ずっと一緒。
毎日お互いに感謝を忘れずに楽しく暮らしています。
そんな幸せたっぷりの結婚生活を綴ってみたいと思います。

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。